嫁さんとドライブ

先週末の日曜日は久しぶりに嫁さんと二人だけでドライブに行ってきました。子供が生まれてからというもの嫁さんと二人でドライブに行くのは数年ぶりとなりました。子供達は母親宅に預けて二人でお出掛けしてきた次第です。ドライブ先は自宅から自動車で一時間ほど走ったところになります。

その場所はとある有料道路でその昔は嫁さんとよく一緒にドライブに行ったところになります。私にとってはお気に入りのドライブコースなのですが、その理由としてこちらの有料道路は600メートルくらいの山脈を走る道路であり、山からの眺めがとても良いことにあります。また自動車好きの私としては自動車を運転し易い環境でもあることがその理由になります。

このときの嫁さんはあまり口数が多くはなかったのですが、久しぶりに嫁さんをドライブに誘ったので嬉しそうにしていたと思います。その表情を見ていると嫁さんを誘って良かったと思っています。自動車を走らせて山頂にたどり着くと私達は山頂からの景色を楽しみました。この場所は本当に眺めが良くて、私達が住んでいる街並みを一望することができます。

この日は天候に恵まれてとても綺麗な景色を見ることが出来ました。ドライブは昼に出かけたのですが、夜になるとたいへん夜景が綺麗な場所でもあります。私はこの景色を久しぶりに見たくて嫁さんを誘ったのですが、嫁さんも久しぶりに見ることができて喜んでいました。景色を楽しんだ後は近くの大きな立派なお寺に足を運びました。

こちらのお寺は本当に立派でこんなに高い場所によくお寺を建てたものだと思います。私達はこちらのお寺で家内安全と健康をお祈りして帰路に着きました。久しぶりに嫁さんとのドライブでしたが、また一緒に行ける機会を持ちたいと思います。

私のダイエット方法

私は昔、仕事以外ではあまり動かないし、いざ運動してみようと思っても「明日からでいいや。」と、とても面倒くさがりでした。
しかし、年齢が上がるにつれて食事の量は変わらないのに、だんだんと体重が重くなってきました。
顔は二重あごになり、お腹のも段がついてくる始末。

このままではいけないと思い、食事制限と運動をしてダイエットすることにしました。。
まず食事制限ですが、炭水化物ダイエットを始めました。

朝はサラダとスープのみ、お昼は勤務先に自分で作ったお弁当を持っていきました。
夜は白米は食べずにおかずにのみ。

炭水化物は身体に必要なエネルギーが入っているので、ダイエットだからと言って、白米やパンを一切食べなくするのは身体の調子を悪くして危険です。
なので、たくさんエネルギーを使う昼に茶碗一杯分くらいを食べるのがベストなのです。
運動はジョギングをし始めました。

通勤の時も車を使わずに自転車をこいで職場までいったり、朝、夜の1日2回、1回30分以上を週5くらいのペースで続けました。
有酸素運動ということもあったのか、炭水化物ダイエットも効いたのか、2週間たった頃には顔のラインもスッキリしはじめ、お腹のポッコリ具合も減ってきました。
持久力も上がり、歩く時間も1回1時間に延ばしました。

ジョギングと並行してやっていたのが、腕立て伏せと腹筋です。
腕立て伏せは30回、腹筋は30回を目標に。筋肉を休ませるため、1日ずつ休みを入れながらやりました。
これらのことを3ヶ月続けて、久しぶりに体重計に乗ってみました。

すると、3ヶ月前よりマイナス五キロ減っていました。
体重が減ったことはもちろん、痩せたことにより多少ではありますが、自分に自信がついてきました。
まだ目標の体重まで行っていませんのでこれからも続けるつもりです。

大型リサイクルショップの本屋さんで感じたこと。

リサイクルショップに行ってきました。
娘が、本を買いたいらしく、月初めにもらったお小遣い500円を手に、
「本を買いに行こう。」とせがむのです。

ここは、よくあるリサイクルショップで、たくさんの中古本を扱っています。
同じ会社で、他の店舗でも思うのだけれど、小学生以下向けの本の売り場が、
結構わかりづらいんですよね。
お店に入ったら、そんな奥じゃなく、ひと目で子供向けってわかる位置にしてほしいのだけれど。

ここは一番奥に子供向けの本が置いてありました。
そして、娘が欲しい本はというと…なんと本棚の上~の方。
ここは、子供にやさしくないなあと思いました。
小さな文庫本。
これはシリーズ化されているのですが、手にとってびっくり、350円。
え~っ、なんで~。
5巻は350円、6,7間は200円。
他の店舗だと、同じ本が108円でずらっと並んでいたとのこと。
発行年月によって買取金額が変わるらしいので、売上金額もそれに寄って変わるというのはわかります。
ただ提案なのですが、小学生以下向けの本については、そのシステムを変えませんか?
元々が1,000円以上の高価なもの以外は、買取金額にかかわらず、売上金額は108円にしませんか。

活字離れが著しいかと思う昨今。
子供の時から活字に触れさせるというのは大切なこと。
なので、リサイクルショップさんにお願いです。
子供たちにやさしい本屋さんになってください。
・お店に入ってすぐのところに子供向けの本を置く。
・本の置き場所は、手が届く位置に置く。
・子供のお小遣いで買える108円一律にする。
 (高額金額のもの以外)
・買ってくれた子には、一回に付き一枚、かわいいしおりをつける。

こういうところなら、どんどん連れて行きます。
まずは、ここで見て、無ければ他に行くという感じになります。  
いい案だなあ。
誰かの目にとーまーれっ